ハナ
       http://agua.noor.jp
     

      ■mail me

      ■bookmark

     
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐突にすとんと闇が海に襲いかかり、夜の海の恐ろしさを知る
ああ、この闇夜をわたしは知っている、見たことがあるな、過去に一度だけ
そいでもう真っ白にしてしまえとおもったんだ

だけど真っ白は真っ暗よりもおそろしい


発する声は、届かなくてもいいとおもった。
聞こえなくていいともおもった。
闇のなかの音は響きすぎるから。

箱のなかに音をしまって、それをまた箱にしまって、箱を箱にしまって、箱を箱にしまう

春しかみえないサクラの幹に、穴を掘ってしずかに埋めたら
とじた土に記した記号を、小指の内側にそっと書こう

それを隠してわたしは生きる。

[TOP]
copyright (C) 2015 hana all rights reserved.
template *mami / material chaton noir
//



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。