ハナ
       http://agua.noor.jp
     

      ■mail me

      ■bookmark

     
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好き、っていうのがわからないんだよね
嫌いはあるの?
あるよ。たくさんある。
バカだな、おんなじじゃん

*
きょねんのこと
花屋のうらのほうで火事があった
担任の先生のはなしをきく
夜中に電話がかかってきてね
「いま燃えているんです」
「あの子がなかにいるんです」
さんにんが焼けて死んだ
かなしみにくれていたよる
火をつけたのはかぞくだったと知った
かなしみがいかりにかわったときに
くるしいのがすこしかるくなった

「人間は耐えられない何かがあると吐き気を催すものなんだと思いました。苦しみはもちろん、幸せの許容量ってのもちゃんと用意されていて、それを超えると心地よい吐き気がするんです、たとえばほら、すばらしい音楽を聴いて幸せっておもったときなんかに」

*
なんのやくにもたたないから芸術家は嫌いだといった人がいた
じぶんになれないとき、じぶんに帰りたいとき
こころをなくしたいとき、こころをもどしたいとき、
人の手が創った美しい芸術がやくにたつからわたしは好きだといった
好きかよくわからないけれど
知りたいとわたしはおもった

if possible.

*
きょうはどうしようかなわたし
ああそうか笑ったらいいんだ

[TOP]
copyright (C) 2015 hana all rights reserved.
template *mami / material chaton noir
//



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。